X. 番外編

自然素材以外の作品等

2012年6月10日 (日)

世界を売った男。

Tbs01 このところ自然素材の記事のアップがなくて気が引けますが、番外編ということでお許しください。

きょう(6月10日)大変面白いミステリーの単行本が発行されました。
第2回島田荘司推理小説賞受賞作の「世界を売った男」(文藝春秋)がそれです。
作者は陳浩基(サイモン・チェン)という香港でSFも含め数々の小説賞を受賞している鬼才です。

ん?島田荘司推理小説賞ってなんだ?という疑問をお持ちの方のために、かいつまんで説明しておきます。
「二十一世紀本格(本格ミステリーの未来はアジアから)」を目標に掲げた、中国語で書かれた未発表の本格ミステリー長編を募る文学賞で、皇冠文化出版有限公司(台湾)が主催しています。
受賞作は台湾、中国、タイ、日本、イタリア、マレーシア(英語訳)で刊行されているとのことです。
日本語版のカバーをわたし三浦の立体作品が飾っております。

「本格」推理小説のため、これから読まれる方々のために内容の詳細は言えませんが、日本人読者へのサービスなのでしょうか、作中の会話に「古畑任三郎」や「青島刑事」の名がさりげなく出てきて、ああ、日本のTV番組が香港でも放映されているんだなぁなどと、変なところで感動してしまいました。

結末のどんでん返しがすっごくいい!!
やはり「未来派本格」です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月 8日 (火)

ジョン・カーターシリーズ完結編、出ました。

03 本日5月8日(火)、ジョン・カーターシリーズ完結編の第3巻が小学館文庫から発売されました。
カバーイラストを仕上げるまでは観にいくことを我慢していましたが、三巻目のイラストが入稿できたので、先日ようやく映画「ジョン・カーター」を観てまいりました。
エドガー・ライス・バローズ原作の1~3巻までをうまく一つのストーリーにまとめていました。
ジョン・カーターの忠実なる番犬(火星犬)ウーラが秀逸で、原作ではかなり獰猛な描写ですが、さすがディズニー。かなりお茶目です!
ブサカワで、その存在感は人間の俳優を完全に凌駕していました。
「モンスターズインク」なみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月 9日 (月)

ジョン・カーターシリーズ第2弾。

02 4月13日から公開されるディズニー映画「ジョン・カーター」の原作本の第2巻「火星の女神イサス」が、4月6日小学館文庫より発売されました。
ジョン・カーターシリーズの中でも傑作と誉れの高いこの原作を、前作の「火星のプリンセス」と併せて、映画公開の機に皆様ぜひお読みください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月 7日 (水)

火星のプリンセス

01

この春公開予定のディズニー映画「ジョン・カーター」の原作本が、昨日(3月6日)小学館文庫より発売されました。
火星シリーズ第1巻「火星のプリンセス」です。
SFファンならご存知の方も多いと思いますが、かって角川書店や、東京創元社から出版されたヒロイックファンタジーの不朽の名作です。

原作がエドガー・ライス・バローズと聞いてもあまりピンと来ない方も、密林の王者ターザンの作者といえばわかっていただけるのでしょうか?
バローズ作品はは、スターウォーズをはじめ、数々のSFやファンタジー作品に多大な影響を与えています。
未来の話なのに「舞台装置や背景、衣装や小物類が古代や中世みたい」的な設定の大本はバローズ作品を読めば「ああ、ここが本家か」と納得できるはず。
新しいところでは「アバター」などが、まるでバローズの火星シリーズです。

第2巻「火星の女神イサス」、第3巻「火星の大元師ジョン・カーター」と本のほうは続きますが、映画「ジョン・カーター」はそれら3巻を基にしているようです。
映画はタイトルからまったくSFらしさを剥ぎ取り、女性も含めた広いファンを取り込もうという意図が見えますが、まあそれがディズニーらしいところです。

と、長くなりましたが書籍版のカバーを私が担当していますので、ぜひ皆様、映画公開の前に原作をお読みください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月30日 (水)

ありがとう!サムライニッポン。

505号外その5
悔し涙のPK戦だったけど、よく頑張りました。
もっともっと強くなれるぞ!
グスン・・・。
前回のデンマーク戦はさすがに時間的にきつく、翌朝のスポーツ速報でダイジェストを見ましたが、夕べは初めてリアルタイムでテレビ観戦しました。

キャラクターは前もって用意しているわけではなく、結果を見てから一喜一憂しながら作っていました。
今回は試合放送終了後、選手へのねぎらいと感謝の気持ちを込めて早朝までかかって作りました。
時事に合わせての作成は結構エネルギーを消費しますが、選手たちに比べたら問題外に楽です。
4年後に期待をこめ、これにてひとまずサムライニッポン勝手に応援団を解散いたします。(ミム)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年6月25日 (金)

3-1で快勝!!

494号外その4
E組2位で1次リーグ突破!
いよいよ決勝トーナメントだ!

カテゴリーを「自然力の星」から「番外編」に移行しました。(ミム)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月20日 (日)

闘莉王くん善戦およばず。

483号外その3
デンマーク戦に向けて仕切りなおしだね。(ミム)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月15日 (火)

バンザイ、ニッポン!

463号外その2。
祝国際大会初勝利(ミム)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月14日 (月)

暑い、熱い南ア。

番外編、号外。
462サッカーワールドカップ南アフリカ大会。
今夜日本時間23時、カメルーンと。
まずはフリーステート競技場での1勝を決めてください!
厚い壁に穴を開け、さらに熱く戦ってください。(ミム)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年5月 9日 (日)

お母さん、ありがとう。

28 お母さん、ありがとう。
私を生んでくれて本当にありがとう。
描く。創る。
この道に進み、
まがりなりにも
これを生業とすることができたのは、
あなたとお父さんのお陰です。
   ●
今は亡き母への供養と感謝を込めて、
四十九日の法要に間に合うよう
描いたものです。(ミム)

| | コメント (0) | トラックバック (0)