C. アリス

不思議の星のアリス

2010年6月 8日 (火)

アリス、ファイナル!

182いよいよシリーズ最終回。
これまで登場したアリスキャラ総出演で最後を飾ります。
アリスストーリーにはまだまだ個性的でユニークなキャストがたくさん残っています。
トカゲのビルや海ガメもどき(あるいはにせ海ガメ)などは今回形にできなくて悔いが残っています。
トウィードルダムとトウィードルディーなんかも。
それらはいつかまた形にできたらと思います。
ご声援ありがとうございました。

次回から新シリーズが始まります。
こちらの方も引き続きご声援のほど、よろしくお願いいたします。(ミム)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年6月 3日 (木)

真打登場。

17お待たせしました。(待っていないないかもしれませんが)
ようやくヒロインの出番です。
元気よくはつらつとした設定です。

アリスカテゴリーも次回が最終回です。
これまで登場したすべてのキャラクターが一堂に会しますので、ぜひお楽しみに。(ミム)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月 1日 (火)

有名な猫。

16何もない空間に三日月と怪しげに光る二つの光。
それが実体化して猫の顔になるなんてワクワクしてしまいます。
出現の仕方がミステリアスな割には、実態は結構メタボなトラ猫のようで益々人気者になった気がします。
某アニメの猫バスはこの辺りがヒントなのでしょうね。テニエルの絵の影響力に脱帽です。(ミム)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年5月28日 (金)

僕も忘れないでね。

15ハートの女王のシリーズにもれてしまいました。
クローケーゲームのボール、すなわちハリネズミ君です。
フラミンゴのクラブ(バット)で打たれるだけの痛い役目なのですが、打つ側のフラミンゴも同じように痛いのか、お互い当たらぬように避けあっているので心配いりません。(ミム)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年5月25日 (火)

温厚なキメラ。

14グリフォン。
上半身が鷲、下半身はライオンのキメラで、古代の伝説や映画やアニメなんかにもしばしば登場しています。
アリスに出てくるのは外見に似合わず結構優しい性格のようです。(ミム)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月20日 (木)

瞑想する芋虫。

13イモムシって、蝶になる前のさなぎの、さらにその前の状態だと思いますが、いきなり水パイプをふかした仙人のようなオジサンなので、ちょっと面食らってしまいました。
これがやがて蝶になったら・・・と想像すると・・・・まぁ人生いろいろです。(ミム)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

白ウサギ再び。

122本当は三月ウサギをと思っていましたが、告知官役の衣装が綺麗なのでもう一度白ウサ君に登場願いました。
このアリスカテゴリーの一番初めに登場した案内ウサギと同一の白ウサギかどうか、私には実のところはよくわかっていません。(ミム)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年5月19日 (水)

今日は私の非誕生日。

111月は正月で、2月は豆まきで、3月はひな祭りで、4月は花見で、5月はこどもの日で、6月は・・・・・と12月まであり、年がら年中酒が飲めるぞ、と歌ったのは「日本全国酒飲み音頭」のバラクーダですが、それでも高だか月一のこと。
ハンプティー・ダンプティーのように非誕生日にお祝いをすれば、まさに1年364日は酒が飲めます。
なのでこの勝負、ハンプティー・ダンプティーに座布団一枚。
でも彼は狭い塀の上に腰掛けるのが好きみたいだから、せっかくの座布団も邪魔になってしまうので返してもらいます。
ちなみに誕生日の日はバラクーダに従い、「何でもなけど酒が飲めるぞ」としておきましょう。(ミム)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月17日 (月)

イニシアチブ。

10白の王様と女王様。または白の女王様とその夫・・・。

トランプの国では王様より女王様の方が強くて存在感がありましたが、チェスの国では・・・・やっぱり女王様が主導権を握っているようでした。
国王様、お察しいたしまする。(ミム)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月12日 (水)

トランプの兵隊。

09 絵札K・Q・Jは人間の格好ですが、字札になると単にカードに手足が付いただけになって気の毒なものです。
といって絵札のように人間の格好をさせ、服に数字の柄を付けたものにするとトランプらしさが全然出ません。
古今の挿絵画家も大いに頭を抱えたことでしょう。

ときに、薄っぺらなカードからどのようにして頭や手足が出てくるのか、こちらも大いに頭を抱えてしまいます。
たいていは描かれる反対側から突如として手足が出ていますが、金子國義氏の描いたものは箱状に厚みのある胴体にしてこの矛盾をクリアしていました。
苦悩の跡がうかがわれます。さすが天才です。(ミム)

| | コメント (0) | トラックバック (0)