« 36-教室でのお父さん。 | トップページ | 38-ヒーゲル少年。 »

2010年11月22日 (月)

37-医務室で。

――――何か白いものが見える・・・・。
ボーとかすんでるけど、見おぼえあるぞ。
白い、ヒゲ?
「あ、白ヒゲ、じゃなかった、ヒーゲル先生」

「おー、気が付いたようじゃな、ハーネル」
「す、すみません。つい・・・」
「かまわんさ。
気分はどうじゃ?吐き気はないかな?」
ヒーゲル先生がハーネルの寝ているベッドに近づきながら言いました。

「あのぉ、どうしてぼくはここにいるんでしょう?
浮きガスを吸って、からだが浮き上がって、また落っこちて・・・そこまではおぼえていますが」
「やれやれ、おぼえておらんのか。
カケローニ先生が君ら二人を介抱(かいほう)して、この医務室に運んでくれたんじゃよ」

37 「あ、だんだん思い出してきました。
船内見学ツアーの途中だった!
動力室のあとはどうなったんでしょう?」

「水天道や巨大金魚ばちの中の説明のあと、4階部にあがって浮きガスの樹の幹の見学と説明・・・
うむ、もうそろそろ操舵室に移るころじゃな」
ヒーゲル先生はいつものように懐中時計を見ながら答えました。

「えーっ。
4階部はすっごく楽しみにしてたのに・・・」
「4階部も金魚ばちも、どこにも行きやせんよ。
この船に乗っておるかぎり、いつでも行けるさ。
おー、コンラッドも目がさめたようじゃな。
気分はどうじゃ?」

「あ、白ヒ・・、じゃなかった、ヒーゲル先生。
「まだ少し頭がふらふらしますが、もう平気です」

ハーネルとヒーゲル先生が顔を見合わせて笑い出しました。
「何がそんなにおかしいんだよぉ」

|

« 36-教室でのお父さん。 | トップページ | 38-ヒーゲル少年。 »

A. 連載童話」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 37-医務室で。:

« 36-教室でのお父さん。 | トップページ | 38-ヒーゲル少年。 »