« 自然素材の仕事-2。 | トップページ | 29-副航海士カケローニ。 »

2010年10月21日 (木)

28-クルーの紹介。

「やあ諸君、オデッセイにようこそ。
いまからこの空飛ぶ船の乗組員を紹介しよう。
わたしは“おひろめ式”で諸君と会っているので省略するとして・・・。
われらがオデッセイのケミストン機関長を」
と言いながらピット船長は部屋の真ん中にある“まわり階段”の方を見ました。
こどもたちもそちらを見ると、優雅な足どりで、ベニシカの女の人が階段をおりてくるところでした。

28 「こんにちは。機関長のリカ・ケミストンです」

「機関長って言うから男の人だとばっかり思っていたわ」
「すてきなドレスよね」
コロンとチュチュはちょっと誇らしい気分になりました。

「彼女の専門は生物と化学だけど、実はオデッセイに限らず飛行船の動力に関する“重要な”役割と関係があってこの任務をひきうけてもらったんだよ」

「動力に関する重要な役割ってどんなことですか?」
好奇心いっぱいのトビーが質問しました。

「詳しいことはあとで話すわ、みんなに」
機関長はほほえみながら答えました。

「次に一等航海士を紹介したいが、あいにくいまは操舵室で仕事中なので後ほど紹介しよう。
なにしろいまは、この船を赤道方面に向かうための風に乗せなければならんのでね。
手が離せないんだ」

「次は副航海士だが、みんなのよく知っている人だよ」
と船長はキャビンの後ろ、いちばん奥を指さしましたが、そこにはヒーゲル先生とカケローニ先生しかいません。
「ヒーゲル先生はお医者さんだからそれはありえないわね」
チュチュがコロンに言いました。

|

« 自然素材の仕事-2。 | トップページ | 29-副航海士カケローニ。 »

A. 連載童話」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 28-クルーの紹介。:

« 自然素材の仕事-2。 | トップページ | 29-副航海士カケローニ。 »