« 05-わくわく、どきどきの日々。 | トップページ | 07-2年前のできごと。 »

2010年8月28日 (土)

06-行きたくない。

みんながわくわく、どきどきの日々を過ごしているころ、ゆううつな日々を過ごしている子がひとりだけいます。
061 プリマバレリーナを夢見るミドリネズミのチュチュ。
コロンの親友です。
きょうも熱心にレッスンをしています。

「チュチュ、今度の冒険授業に行かないって本当?」
心配になってコロンがようすを見に来ました。

062 「一日練習をサボれば自分にわかるの。二日サボればパートナーに、そして三日サボったら観客にわかってしまうのよ」
「それはチュチュが尊敬している有名なバレリーナの言葉でしょ。
あなたもそうありたいと思っているのはよく知ってるけど、冒険授業に行かない理由にはなってないわ」
それに本当はサボれば、じゃなくて、休めば、じゃなかったかしら、とコロンは思いましたが、きょうはそのことは言いませんでした。

|

« 05-わくわく、どきどきの日々。 | トップページ | 07-2年前のできごと。 »

A. 連載童話」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 06-行きたくない。:

« 05-わくわく、どきどきの日々。 | トップページ | 07-2年前のできごと。 »