« サトイモの最期。 | トップページ | 嬉しい復活。 »

2010年7月26日 (月)

新しいカテゴリーができました。

観察日記のわけ、作品制作のこと、など。

アリスに続いて七福神、エコアングル、サトイモ観察など、幕を閉じるカテゴリーが続いてしまい寂しい限りなので、作品制作や素材収集のエピソードなどを時折紹介させていただきます。

観察日記から生まれた作品たち。

この「自然素材のイラスト」ブログを始めるにあたって、作品の形成素材にある植物をもっと身近に感じ、なおかつ素材そのものの数を揃えようというもくろみがありました。
まだこのブログ上には登場していませんが、すでにいくつかサトイモやサツマイモの葉が私の作品に組み込まれています。

作品の素材は自分で収集するという原則を心がけていますが、「自分で育てる」ということまではしていませんでした。
たまたま自分の庭にあった樹木や草花は使ったことは多々ありますが、それはたまたまあったから使ったに過ぎません。
現在は土のない生活環境にあり樹木までは育てることはできませんが、小さな、本当に小さな植物や野菜くらいを身近に置くことで、わずかばかりの四季を家の中で楽しんでいるのが実情です。

さて上述にあるイモの葉が組み込まれた作品の一部を、作例として紹介させていただきます。
59まずサトイモの葉。
ご記憶の方もおありかと思いますが、観察日記6月上旬のサトイモの葉です。
作品の全貌はまだお見せできませんが、森のくまさんの家にあるベランダの日除けの設定として登場してもらいました。
54a2_255b_2次にサツマイモの葉。
観察日記5月下旬の見附島と名付けたイモの葉は、工事現場で働くイノシシ君の鼻。
枯れかけて黄色くなった葉も使っています。
56アシカ君と名付けた方は5月中旬のまだ若芽の小さな枝を、トナカイの角に見立てました。

Photo観察日記はこれらイモだけですが、部屋には他にセリがジャムの空きビンの中で、イモよりも早くから生きていてくれています。
Photo_2食べられる植物ばかりみたいですが、他にれっきとした(?)観賞用植物のスパティフィルムもあり、3年目にしてこの春初めて花が一輪だけ咲いてくれました。
こちらの方はまだ作品にはしていませんが、いつかミムワールドの一員として生まれ変わってくれるはずです。

通常の記事より文章が多くなってしまいました。
エピソードなので仕方がありませんが、次回は素材収集に関することなどを・・・。(ミム)

|

« サトイモの最期。 | トップページ | 嬉しい復活。 »

F. エピソード」カテゴリの記事

コメント

枯れゆくことは悲しいですが…先生の作品の中でまた新しく形作られていくことが素敵だなぁと思います。

七福神シリーズも好きでした。
今後とも楽しみにしております。

投稿: マイマイ | 2010年7月26日 (月) 23時38分

マイマイさんへ。
いつも訪問してくれてありがとうございます。
本来の使命を果たして捨てられた機械廃材に、新たな命を吹き込むという立体作品とコンセプトは同じです。
七福神、最後にもう1回登場してもらう予定です。(ミム)

投稿: ミム | 2010年7月26日 (月) 23時53分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新しいカテゴリーができました。:

« サトイモの最期。 | トップページ | 嬉しい復活。 »