« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月

2010年5月31日 (月)

バトンタッチ。

10053115月28日

一番最初に芽吹いた茎(ここでは長男と呼んでいました)が日に日に弱ってきました。
葉も緑の色が薄くなり、黄色く変色し始めました。
茎そのものに張りがなく完全に頭が下がって崩れ落ちそうな状態です。
そんな中でも小さな新しい命が芽吹きだしたことが救いです。
10053125月29日→5月29日→5月30日
長男の葉色もすっかり黄色くなり、茎も自身の重さに耐えかねたのか完全に折れてしいました。
そのままでは自立できないので、元気な三男に絡ませることで一日様子を見ましたが、そのあくる日、葉のほうも枯れてしまいました。
1005313 5月31日
黄色からさらに茶色の度合いを増した葉っぱを、今朝手で触ってみたらカサカサという乾いた音がしました。
かわいそうだなと思いながらはさみを入れ、長男を切り離しました。(合掌)
役割を終え、後から芽吹いてくる葉や茎たちに命のバトンタッチをしたかのようです。
(ミム)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月30日 (日)

釜山国際デザイン際

31im_aloneI'm alone.

釜山国際デザイン際は、毎年釜山で開催されています。
招待作家の作品展示のほか、環境やデザインなどのセミナーも開催され、市を挙げての大規模な催しで2006年に現地に行ったときには、規模の大きさにびっくりしてしまいました。
上の作品は今年の出品作品です。

かつて名古屋でもデザインの国際会議や、国際デザイン博覧会が開催されましたが、それはそのときだけの一過性のイベントでした。
確か市が「デザイン都市宣言」をし、それで終わってしまったようですが、釜山では国際レベルのイベントとして毎年継続して開催しているというところが立派です。(ミム)

The 2010 Busan International Design Festival
「2010釜山国際デザイン際」
テーマ:環境, ECO, Ecology
会 期:2010年5月31日(月)~6月5日(土)
会 場:第1会場-釜山市庁1,2,3展示室
        第2会場-Gallery in Art Factory in Dadaepo
主 催:2010釜山国際デザイン際運営委員会
後 援:釜山広域市・釜山広域市教育庁・韓国デザイン振興院・釜山日報社・国際新聞・KBS釜山・MBC釜山・KNN ・(社)釜山デザイン団体総連合会・(社)韓国イラスト學會・(社)韓国視覚デザイナー協会
協 賛:釜山美術協会(社団法人 釜山美術協会 釜山支会)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月28日 (金)

僕も忘れないでね。

15ハートの女王のシリーズにもれてしまいました。
クローケーゲームのボール、すなわちハリネズミ君です。
フラミンゴのクラブ(バット)で打たれるだけの痛い役目なのですが、打つ側のフラミンゴも同じように痛いのか、お互い当たらぬように避けあっているので心配いりません。(ミム)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年5月27日 (木)

55年前の3D。

253dcamereTDC Stereo Vivid[1950年代中期]

Series,ECO Angle-3

今回はTDCステレオビビッド。
社名のTDCとはThree Dimension Co.の略で、T.D.すなわち三次元=立体のことです。
今映画界や映像の世界は3Dがブームですが、50年以上前に静止画像を個人で作り、楽しむことのできるカメラが開発されました。
初期の箱型カメラのレンズが、縦に二つ並んでいたのに比べこれは横に二つなので、なん とも愛嬌のある顔になっています。(ミム)
―――――――――――――――――――――――――――
ECO(エコ)アングル
We Enjoy
     Communication with
     Optical
「写真を楽しむ視点」というテーマで2005年から毎年一つ、
コマーシャルフォトスタジオ「有限会社キューブリック」の
グリーティングカード用として、
自然素材でアンチックカメラを再現したシリーズ。
―――――――――――――――――――――――――――

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月26日 (水)

三男が次男を追い越した。

100526 5月22日→23日→26日(茎のアップは23日)

前回21日に予想していたように、第3の葉と茎が5日で第2のそれを追い越しました。
後から出たものが常に一番高く伸びるということなのでしょうか?
昔から気にもしないで、何気なく眺めていた花や植物ですが、たいてい真ん中の茎が一番背が高いので、それが最初に伸びて、それから脇に若い茎が出てくるものと勝手に思い込んでいました。
植物図鑑や園芸関係の本などを見れば書いてあったかもしれませんが。

大して熱心に観察しているわけではないのに、やはり実際に毎日ながめているとわかってくることもあり、茎の伸びる順番など考えたこともなかったので、今回本当にいい勉強になりました。(ミム)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月25日 (火)

温厚なキメラ。

14グリフォン。
上半身が鷲、下半身はライオンのキメラで、古代の伝説や映画やアニメなんかにもしばしば登場しています。
アリスに出てくるのは外見に似合わず結構優しい性格のようです。(ミム)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月22日 (土)

国際生物多様性の日。

今日5月22日は国連が定めた「国際生物多様性の日」なので、各地でその関連事業が開催されているようです。
10月に開催されるCOP10(生物多様性条約第10回締結国会議)そのものがあまり市民に知られていないのは、この長たらしいわかりづらい名称もその原因の一つかもしれません。
せめて「いきもの地球会議」のほうをもっともっとアピールしましょう。

45もうひとつの歴史。

太初、命の火は海に灯りました。
やがてその一部は陸地にその活動範囲を広げ増殖していきました。
永い、永い時間の中で、それでもその星を構成するすべての要素はバランスを崩すことなく、誕生と消滅とを繰り返しました。
二足歩行の最終系であるその生き物が出現するまでは。
言語を操るその二足歩行の生き物は他の種を滅ぼしながらなおも繁栄を続けました。

彼らがもし二足歩行でなかったなら、あるいはこの星そのものの現在と未来はまったく違ったものになっていたかもしれません。(ミム)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

海の悲鳴。

43water_is_life水の星、命のふるさと。
昨年開催された「ソウル-アジアグラフィックトリエンナーレ」に出品したポスター作品

背骨の曲がった魚の写真を見たことがあります。
子供の頃、食べものとしての魚が苦手で、大人になってようやく好んで食べられるようになった時だっただけに、大気汚染の次は海洋汚染か、と大変ショックだったのを覚えています。

人間が河川経由で海を汚してしまったのは、快適な文化生活を維持するためにしたことではありますが、今はそのことでかえって快適に暮らせなくなってしまいました。
最近では原油流出事故やタンカーの事故などがさらに追い討ちをかけ、海が瀕死の状態です。
すべての生命の誕生の地である海をこれ以上傷つけてはなりません。

44もし今でも竜宮城があったなら、乙姫様たちはどんなに苦しんでいることでしょう。
絵にも描けない、といわれた美しい海の城は廃墟と化し、遺跡として発見されるのでしょうか?
玉手箱の航時(タイムマシン的)機能を使って、汚染のない時代へタイムスリップしていることを祈らずにはいられません。(ミム)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月21日 (金)

第3の葉。

100521015月15日→19日→21日

観察日記10日ぶりの経過報告です。
サトイモ君にまたまた兄弟の葉ができました。
次男がぐ~んと大きくなって長兄を抜いて久しいので、この三男もすぐに次男を追い越すことになるのでしょうか?
結果が楽しみです。(ミム)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

葉っぱがいっぱい、根っこもいっぱい。

100521025月21日
100521035月19日
100521045月17日
100521055月21日
後から始めたアシカはすごい勢いで葉が成長しています。
先輩の見附島は葉のほうはイマイチですが、その代わり根っこの成長が著しいです。
同じ家庭菜園の畑で取れたサツマイモなのに個体差があって実に興味深い。(ミム)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月20日 (木)

瞑想する芋虫。

13イモムシって、蝶になる前のさなぎの、さらにその前の状態だと思いますが、いきなり水パイプをふかした仙人のようなオジサンなので、ちょっと面食らってしまいました。
これがやがて蝶になったら・・・と想像すると・・・・まぁ人生いろいろです。(ミム)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

白ウサギ再び。

122本当は三月ウサギをと思っていましたが、告知官役の衣装が綺麗なのでもう一度白ウサ君に登場願いました。
このアリスカテゴリーの一番初めに登場した案内ウサギと同一の白ウサギかどうか、私には実のところはよくわかっていません。(ミム)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年5月19日 (水)

今日は私の非誕生日。

111月は正月で、2月は豆まきで、3月はひな祭りで、4月は花見で、5月はこどもの日で、6月は・・・・・と12月まであり、年がら年中酒が飲めるぞ、と歌ったのは「日本全国酒飲み音頭」のバラクーダですが、それでも高だか月一のこと。
ハンプティー・ダンプティーのように非誕生日にお祝いをすれば、まさに1年364日は酒が飲めます。
なのでこの勝負、ハンプティー・ダンプティーに座布団一枚。
でも彼は狭い塀の上に腰掛けるのが好きみたいだから、せっかくの座布団も邪魔になってしまうので返してもらいます。
ちなみに誕生日の日はバラクーダに従い、「何でもなけど酒が飲めるぞ」としておきましょう。(ミム)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月17日 (月)

イニシアチブ。

10白の王様と女王様。または白の女王様とその夫・・・。

トランプの国では王様より女王様の方が強くて存在感がありましたが、チェスの国では・・・・やっぱり女王様が主導権を握っているようでした。
国王様、お察しいたしまする。(ミム)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月16日 (日)

ライカその2。

243aLEICA Ⅲa[1935年]

Series,ECO Angle-2

今回紹介するカメラは「ライカⅢa」。
スローシャッターと最高速1000分の1秒シャッター付で1935年発売されました。(ミム)

―――――――――――――――――――――――――――
ECO(エコ)アングル
We Enjoy
    Communication with
   Optical
「写真を楽しむ視点」というテーマで2005年から毎年一つ、
コマーシャルフォトスタジオ「有限会社キューブリック」の
グリーティングカード用として、
自然素材でアンチックカメラを再現したシリーズ。
―――――――――――――――――――――――――――

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月14日 (金)

ソウルでラブ&ピース。

192果てしない宇宙の中、小さな小さな唯一の、大きな存在。

命のふるさと、一粒の星。

韓国ソウルでのこの展覧会も今回で3年目を迎えます。
私たち「PINの会」というグループが、毎年日本で開催している「LOVE & PEACE展」という展覧会に、韓国人のデザイナーを招待したことがきっかけで交流展が始まりました。

PINの会は、平和を愛するクリエイターの集まりです。
日常の仕事を離れ、自らの自由な意思と発想で「愛と平和のメッセージ」を伝えてゆきたいと考え、1984年にグラフィックデザイナーの杉田圭司さんらが中心となってこの展覧会を始めました。
何年か前、通りすがりに展覧会に立ち寄ったという高齢の男性が、「あなたたち若い方がこういうことをテーマに作品展をやってくれてありがとう」という趣旨の感想を寄せてくださいました。
「とんでもない。私たちのやっていることなど・・・」と心の中で赤面しつつ、この老人の一言で私のほうがとても救われました。
戦争体験者の世代でした。

韓国での展示はソウルのデザイナーが中心となり、アジアをはじめ世界各国に呼びかけてくれたおかげで、今年は7ヶ国の参加とさらに規模が大きくなりました。会期中ソウルを訪れる機会のある方がいらっしゃれば、ぜひお立ち寄りください。
オープニングパーティは誰でも自由参加できます。

2010lovepeace「2010 LOVE & PEACE国際ポスター展」
7ヶ国55名のポスター作家の作品展を通して、愛と平和のメッセージを発信します。
[入場無料]
会期 : 5月19日(水)~5月25日(火)
    オープニングパーティ: 5月20日(木) 18時~
会場 : イアンGALLERY(ソウル市鍾路区恵化洞90-18番地)
       Tel.02.3672.0201 www.galleryiang.com
後援 : 月刊デザイン・デザインネット・デザインジャングル・忠南大学校・南ソウル大学、他
出品作家 : 日本(16名)・韓国(21名)・中国(10名)・フィンランド(1名)・アメリカ(3名)・イギリス(2名)・シンガポール(2名)

※オープニングパーティは会期初日ではなく、2日目の夕方に変更になりました。(5月19日に編集訂正:ミム)

[予告]
日本でのLOVE & PEACE展
会期 : 2010年8月3日(火)~8月8日(日)
会場 : 名古屋市民ギャラリー(栄)
詳細はまた改めてお知らせいたします。(ミム)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月12日 (水)

小さいながらも大樹の風格。

100512サツマイモ(アシカ)リポート。小さく芽吹きだした葉のアップを今朝撮影してみました。若々しい透き通るような葉や茎も、尺度を変えて眺めると数メートルもある樹木に見えてきます。

その緑の木陰で憩う人影を、思わず捜してしまいました。(ミム)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

よろしかったらこちらもどうぞ。

Mim01Miura Illustration Museum
三浦均イラストレーション美術館
www.gen-inc.net/miura/

三次元イラストレーター三浦均の立体作品を集めたウェブ美術館です。平面作品の展示コーナーもあります。ぜひお楽しみください。

Photo_3 向井一規建築設計工房
http://mki-archi.com/
光・風・緑をテーマに心地よい環境をデザインする、
住宅の建築設計事務所さんのホームページです。

Sala シャビークラフトな日々
http://blogs.yahoo.co.jp/sara27400001

メタルエンボッシングを制作されているSARAさんのブログです。

2_3  イラスト専門集団・パレット
http://www.i-palette.co.jp
広告・出版関係等のイラストレーション全般を制作されているプロ集団のホームページで
す。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トランプの兵隊。

09 絵札K・Q・Jは人間の格好ですが、字札になると単にカードに手足が付いただけになって気の毒なものです。
といって絵札のように人間の格好をさせ、服に数字の柄を付けたものにするとトランプらしさが全然出ません。
古今の挿絵画家も大いに頭を抱えたことでしょう。

ときに、薄っぺらなカードからどのようにして頭や手足が出てくるのか、こちらも大いに頭を抱えてしまいます。
たいていは描かれる反対側から突如として手足が出ていますが、金子國義氏の描いたものは箱状に厚みのある胴体にしてこの矛盾をクリアしていました。
苦悩の跡がうかがわれます。さすが天才です。(ミム)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月11日 (火)

ニューフェース、アシカ君。

10051102サツマイモはサトイモに比べ変化に乏しいので、記録もその分間が開いてしまいます。

一つのサツマイモを半分に切りそれを並べて観察してきましたが、芽の出ないほうはひと月近く経ってもまったく変化がなく、葉の出ているほうは根も長く伸びてきました。
なので、変化のないほうは非情にも昨夜ご退場願いました。
ちょっと寂しいです。その代わり新しく芽の出たものに交代です。
10051103見た目に差をつけないと私自身が識別できなくなりそうなので、イモのカットを斜めにしてみました。
低いアングルから見るとまるでアシカのように見えます。
便宜上前のサツマイモを「見附島」と呼び分けることにしました。
見た目の第一印象です。今後はミツケジマとアシカでいきます。(ミム)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

わかりやすい向日性。

10051101左が昨夜、右が今日夕方。

茎の伸びも新しいほうが古いほうを追い越しているさまが一目瞭然ですが、日中カーテン越しに窓際の外光を受け、新しい茎が大きく首を捻じ曲げているさまもよくわかります。(ミム)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月10日 (月)

身分制度。

08トランプの字札を4種40枚デザインしました。遊戯の世界にも現実の身分制度、あるいは階級制度が色濃く反映されていて強さの序列は上の写真のようになっています。

1. スペード:騎士
2. ハート:僧侶
3. ダイヤ:商人
4. クラブ:農民
の順です。
かつての日本の士農工商と微妙に違うところが興味深いのですが、騎士、武士がトップに来るのは共通のようで、争いの絶えなかった時代を象徴しています。
現在でも一部の国や地域では相変わらずスペードが幅を利かせているようですが。(ミム)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年5月 9日 (日)

お母さん、ありがとう。

28 お母さん、ありがとう。
私を生んでくれて本当にありがとう。
描く。創る。
この道に進み、
まがりなりにも
これを生業とすることができたのは、
あなたとお父さんのお陰です。
   ●
今は亡き母への供養と感謝を込めて、
四十九日の法要に間に合うよう
描いたものです。(ミム)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 8日 (土)

母の愛。

29恵みの陽光とともに、空の彼方からは有害な放射線も地上に降り注いでいます。
りんごを地球の大きさに見立てれば、大気の層はそのりんごの皮の厚みくらいのものだと聞きました。そんな薄っぺらなものが防護膜となり、これまで地上の全生命を守ってくれていたのですね。
オゾンホール。大事なものを傷つけてしまった罪は大きい。
母なる女神の翼にも似たオゾン層に、もうこれ以上穴が開かぬことを願うばかりです。(ミム)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

一日見ぬ間に。

10050801      5月7日→5月8日
こどもの日、主茎の脇から次の葉が出かけているなと思っていたら、7日にはもう軸が伸び、8日の今朝見たら最初の葉と同じ高さにまでなっていました。
弟か妹ができて、いきなり上の兄弟に追いついたって感じです。

10050802      5月7日→5月8日
上から見るとまさに両手を空に向かって広げているようですが、引越しで空間にゆとりができ、多分のびをしてるのでしょう。
昨日の写真と並べると、握った片手をぱっと開いたようにも見えますね。

前にも書きましたが、窓際においているので放っておくと光の入る方向に向かってどんどん首を曲げていきます。
そのままでもいいのですが、バランスが悪くなってこけそうに見えるので(ホントはそんなことはないのでしょうが)、気まぐれに器ごと向きを反対に変えたりしています。
朝起きてすぐに撮った写真なので、今日の茎は比較的まっすぐで、葉も真上をむいています。あと2時間もすると葉は二枚とも窓のほうに向かっていることでしょう。

10050803      5月8日
最初に芽吹いた葉はもう役目を終えたのでしょうか、次第に枯れていきます。
考えてみればこちらが長男か長女だったのかもしれません。
お役目(ってナンなのかは知りませんが)ご苦労様でした。(ミム)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 7日 (金)

エコアングル開始。

22 LEICA 0(zero)
[1930年代]ライカの量産試作機。

Series,ECO Angle-1

ECO(エコ)アングル。
We Enjoy
    Communication with
    Optical.
「写真を楽しむ視点」というテーマで2005年から毎年一つ、コマーシャルフォトスタジオ「有限会社キューブリック」のグリーティングカード用として、アンチックカメラを自然素材で再現してきました。

もとよりカメラに造詣が深いわけでもなく、単にカメラの持つ造形美に惹かれ作ってきたのでマニアやその道の方々が見たら一笑に付されるようなものかもしれません。
ただ、できる限り実物を手元に置き、作るべきカメラの観察には心がけました。

制作に当たり現物資料はキューブリックのカメラマン、二塚一徹氏のコレクションを始め、彼の関係諸氏より提供を受けることができました。
大変貴重なカメラを快く貸与くださった皆様には心から感謝しております。

さて今回紹介するカメラは「ライカ0(ゼロ)型」。正確にはその復刻版を基にしています。
上の作品などを使ったカレンダーを写真雑誌の元編集者の杉山 收(すぎやま おさむ)さんにお送りしたところ、「ライカ・ヌルと言うんですよ」と親切に教えてくださいました。上述のごとくカメラに対する造詣のない私なので大変ありがたくただただ感謝です。
ゼロはドイツ語でNull(ヌル)。ライカはドイツのカメラなのでそれが正しいわけですね。ありがとうございました。

ちなみに杉山さんは写真雑誌編集者を30年勤め、現在フリーで企画・編集を生業とする「杉の子プロ」主宰しておられます。「杉山收の写真万華鏡」http://jibun.benesse.ne.jp/publisher/sugiyama/2009/01/3.html
にて杉山さんのブログを読むことができます。(ミム)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カード仕立てのジャック。

07 スペードのジャックを絵札で作ってみました。こんなカードでトランプを作ってほしいものです。(ミム)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年5月 5日 (水)

これぞハートのキング。

06怖い女王の顔色を伺いながらも、国王としての勤めはなんとかこなさなくてはいけない。なんとなく現代のお父さん方とオーバーラップしてしまいます。(ミム)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

みどりの日に再び引越し。

10050501サトイモの葉っぱが思いのほか大きくなってしまい、すわりが悪くなってしまいました。このまま行くと倒れてしまいそうなので広いところへ転居させました。みどりの日が引越し記念日です。

茎の脇から第2の葉が顔を出し始めました。

10050502ついでに少し部屋の模様替えです。これで長くなった根っこも少しのびのびできそうです。(ミム)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 3日 (月)

虎の威を借る狐。

06 ハートのジャックが威張っていられるのも、かのお母様がいればこそ。(ミム)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

緑が濃く、艶やかに。

10050301 サツマイモ。(ミム)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 1日 (土)

馬の気持ち。

20今、青い星が危ない。
大地はひび割れ、大気には穴が開き、水が流れることを忘れかけている地域もあると聞きます。

以前住んでいた自宅近くに馬場がありました。馬場には馬が2~3頭いて、時折飼育員が堤防下の川べりでそれらの馬を走らせているのを見かけました。
手入れのゆきとどいたタテガミや、力強い筋肉がとても美しく光っていたのを覚えています。
病んだ星に変えてしまったのは私たち人間なのですが、この星の御霊(みたま)はこの星に生きるもっとも気高い生き物のひとつに姿を変えて、私たち統治者たちに警告を発しているようにもみえます。
「人にも、地球にも優しくあれ」
無心に走る馬を見て、そんなことを感じました。

風薫る季節を迎えて。(ミム)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

5月1日ですが「せいくらべ」。

10050101 17.5cmになりました。

10050102 4月19日→4月23日→4月28日→5月1日

ここ数日の写真を並べてみたら、改めてその成長の軌跡がよくわかります。(ミム)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »